慢性痛の改善/手術を避けたい人が選ぶ湖西市の整体・ハイテク療法。ときわバランス整骨院

ブログ

体がゆがむ原因

 

 

体のゆがみとは、日常の動作の中で徐々に蓄積していくものでして、ゆがみとは運動器系のねじれが一線を越えた状態になると様々な症状が出現して、やがて病気や疾患になる原因となります。

 

下記にあるような生活習慣の積み重ね過去に交通事故や運動や仕事で体を一方的な方向にねじったり酷使していると徐々に体がゆがんでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

筋肉はあらゆるストレスに反応する

体がゆがむ根本的な原因は筋肉が硬くなることで起こることが多いのですが、

その原因は一つではなくいくつかの原因が積み重なり痛みへと進むことが多いと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

バランスが大事

 

 からだを悪くする方々の特徴は、運動しすぎ働きすぎ。もしくは運動不足か活動性がないというどちらかに偏りすぎていることが多く見られます。

 体がゆがんだ状態で体を酷使しすぎるとまず筋肉がどこか一方的に使われて左右どちらかの関節に負担がかかり炎症が起こります。

これが「ぎっくり腰」「椎間関節症」など原因不明の腰痛。膝だと「オスグット・シュラッター病」・「ジャンパー膝」など膝の炎症とされることが多いです。

 

 あまり体を使わないデスクワークのような仕事の方でも、筋肉が動かない状態で凝り固まった場合、関節が一緒に固まってしまう場合が多く、関節、筋肉が凝り固まったときに少しの運動で周りの繊維がズレると「ぎっくり腰」「椎間関節症」などの炎症性疾患の原因になります。

 

 

 

 

 

 

血液の汚れが筋肉を緊張させる=「体のゆがみ」拡大

 

腰痛や肩こりといった症状の根本的な原因は「血液の汚れ」という言い方も出来ます。

「血液の汚れ」が毛細血管に詰まると老廃物がたまり神経を刺激すると痛みが増強します。

血液が汚れる原因は、ストレス、たばこ、(過度の)お酒、偏った食事、内科的疾患などたくさんの原因があります。

そこに上記の生活習慣が加わると痛みは、益々、増強して筋肉を硬くしてゆがみは拡大してゆきます。

しかし、筋肉の状態が良ければ血液は浄化されて筋肉は硬くならずに痛みも大したことはない範囲で抑えられることが出来ます。

 

 

歪みは許容範囲内に治めることが大切。

 

ゆがみは誰にでもありますが一定の段階で押さえておけば症状は出現しないと言えますが、

一定を超えると、痛み、シビレをはじめ身体に様々な形で悪影響してゆきます。

歪みは程度問題全員が持っているもので、歪みを拡大させないという考え方が必要ですので

上記に書かれている生活習慣や過去の習慣、ケガ、病歴、部活などの運動など振り返ってみて

「あれから調子がおかしい」と感じたらゆがみが拡大している状態かもしれません。

 

 

ゆがみの治療について・・クリック

 

 

 

 

 

湖西市、浜松市、豊橋市で頭痛、ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、変形性股関節症でお悩みの方。  手術を考える方へ。