慢性痛の改善/手術を避けたい人が選ぶ湖西市の整体・ハイテク療法。ときわバランス整骨院

ブログ

浜松市・豊橋市で頚椎症が改善しない方へ~手術を防ぐハイテク整体治療~ときわバランス整体院

 

 

 頚椎症とは、中年から起こりやす疾患で,頸椎の椎間板、骨、じん帯、腱の変性、変形により神経を圧迫して様々な症状が出てしまう病気です。

 症状として頭痛、吐き気、首、肩の痛み、手のシビレ、マヒ、痛み、重症化すると歩行障害、排便、排尿の障害をきたすこともあります。

 

 

 

 

頚椎症が改善しないのは「からだの歪み」かもしれません。

 

      

 

 

 

 

 

 写真の方は、頚椎症と診断を受けた方と受けない方といますが、神経圧迫を伴う疾患というのはレントゲンやMRIで問題があっても症状がなければ病気とはならず、問題があって神経圧迫を起こしていても症状がない方もたくさんいるので原因がはっきりしないで病院でどうにもならない方も多いです。

 

 症状を大きく改善した方の写真を見ると首の辺りの隙間が狭くなり1~2cm身長が伸びている感があります。

 

 

 

病院では、なぜ治らないか?

 

 

 薬や注射ではどうにもならず、けん引、マッサージでも根本解決にはならいのは、やはり多くは

「体のゆがみ」を改善することだといえます。

 

「体のゆがみ」について  体のゆがみの意味が分からない方は読んでおいてください。

 

 

          

 

 

 頚椎症でパターンとして多いのは、最初は肩こり・頭痛・手のシビレ・めまい・耳鳴り等々で病院に行くことが多く内科・耳鼻科・整形外科など回っていることがあり最初は「首の骨の5番と6番の間が狭くなっている」という言い方をされることが多いように思えます。

 

 症状がひどくなると、頸椎ヘルニア、頸椎狭窄症等の頚椎症という疾患名がつけられることが多いので最初は軽く考えがちですが症状が重症化したときには変形性疾患になると治療での改善が難しくなるので早めに治療をした方がいいということになります。

 

頭痛、治らないきつい肩こり、頸椎ヘルニア、頸椎性神経根症、胸郭出口症候群、肩関節周囲炎(五十肩)、インピンジメント症候群、

 

これらの疾患も原因は神経障害、血流障害が基盤として起きることがほとんどだと言えますので、病院で原因不明と言われたら「体のゆがみ」を疑ってください。

 

 

 

 

湖西市、浜松市、豊橋市で頭痛、ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、変形性股関節症でお悩みの方。

  手術を考える方へ。