慢性痛の改善/手術を避けたい人が選ぶ湖西市の整体・ハイテク療法。ときわバランス整骨院

ブログ

(原因不明の)腰痛について

腰痛の原因は確定困難

 

 腰痛の原因の85%は原因が分からないとされていますが、原因不明の腰痛は原因が分からないではなく確定困難という言い方になります。画像に写らない、注射や薬で痛みが治まらない場合は原因不明の腰痛と判断しますが、おそらくこれが原因だという推測はされています。

 

 原因不明の腰痛の原因にあげられる

 

「椎間関節の異常」

「筋肉(筋膜)の異常」

「椎間板の異常」

「心因的要因(ストレス)」

 

と個別の要因で言われることもありますが、これらの痛みは原因が複合していて

「これが原因だ。」とは言えません(だから原因不明の腰痛になるのですが)

 

 

 

 

  腰痛の85%は原因不明と言われ原因が明確な腰痛は、15%(狭窄症・ヘルニア・内臓疾患・がん移転等々・)とされていますがほとんどがヘルニア、脊柱管狭窄症、などの神経を圧迫している状態ということになります。

 

 

腰痛の9割は対応可能

 

 

 原因が分かる15%の腰痛の10%は脊柱管狭窄症・ヘルニア等の疾患は対応が可能ですが、5%にあたる内臓疾患、がん系、脊椎炎のような症状は対応できません。

 また、命に関わる場合もあるので先ず病院で診察を受けて内臓疾患、がん転移等がないか確認してからの来院が理想です。

 

病院で原因が分からないと診断を受けたら

 

「椎間関節の異常」

「筋肉(筋膜)の異常」

「椎間板の異常」

「心因的要因(ストレス)」

 

のどこかに原因があると思いますが、これらはレントゲンやMRIなどの画像検査では写らないので原因が確定できないということになります。

 

 

 

 

治療家の方が分かる部分もある

 

 なぜ原因不明の腰痛が当院で改善できるかと言えば痛みの原因が腰ではないことが多く部分的にしか診ない診断方法では原因がないので診断のしようがないこともあるのです。 

 

 なぜ原因が分からない腰痛を当院が分かると主張できるかというと、原因不明の腰痛を改善してきた経験もありますが、改善するときに共通点があり経験的に推測できるのです。

 原因がわからないとされる腰痛に共通していることは筋肉が緊張しているということです。

 

先にあげた原因が確定できない腰痛の原因と思われている

 

「椎間関節の異常」

「筋肉(筋膜)の異常」

「椎間板の異常」

「心因的要因(ストレス)」

 

というもの(関節、筋肉、椎間板)は、筋膜という結合組織により強力に結びついています。 

 

 

 

 上の図のように筋肉は両端が骨格に付着していていますので筋肉の硬さが進行してくると骨格をずらしていきます。

 すると付着する筋膜の引っ張りが強くなり、さらに遠くの関節をずらして動きを失い関節の衝突、椎間板の変形、筋肉の硬さの進行、自律神経障害を起こして痛みにつながっているのですが、これらは余程症状が進まなければ画像検査に写ることはないので医療機関(病院等・・)では無視されていることが多いと思います。

 

 この現象は「体のゆがみ」という言い方で表現することがありますが、細かい関節のずれ、筋肉の硬さなど体の各所に表れるのでそれを検査で確認して取り除くのが当院のやり方です。

 

 

 

 

 

 

当院は関節の動きを重視する

 

 

 

 これら原因が確定できない腰痛の原因あげられる共通点が筋肉の緊張と書きましたが、体がゆがむと、同時に関節がズレて、関節可動域がなくなりますので、この部分を経験則的なアナログ的な方法で探してゆきます。

 

 その部分は、「体のゆがみ」の中心点になることが多い部分ですが、「体のゆがみ」は画像には写りませんので写真のような人の手による検査でしか発見することは出来ません。

           

 

 

 

 様々な角度から関節を動かして動かない部分=「体のゆがみ」を見つけて原因不明の腰痛の原因と思われる「椎間関節の異常」「筋肉(筋膜)の異常」「椎間板の異常」「心因的要因(ストレス)」を取り除いていきます。

 

          

 

 

浜松市・豊橋市・湖西市で脊柱管狭窄症、ヘルニア、坐骨神経痛、膝の痛み、股関節の痛みにい悩みの方へ