慢性痛の改善/手術を避けたい人が選ぶ湖西市の整体・ハイテク療法。ときわバランス整骨院

ブログ

浜松市・豊橋市で自律神経失調症・頭痛でお悩み~手術を防ぐハイテク整体治療~

自律神経失調症とは原因不明の診断名

 

 自律神経失調症・自律神経障害というのは病名というより症状名という考え方になることが多く医療ガイドラインに記載された正式な病名ではありません

 

 症状として、頭痛、肩こり、動悸、吐き気、めまい、慢性疲労、不眠症、むくみ、など無数に挙げられていますが、一般的にはすぐに自律神経失調症と診断されることはなく、不定症状が重なり原因が分からないときに自律神経失調症という名をつけること多いです。

 

 

           

 

 

 

 ですから最初は、整形外科や内科で診察を受けて

 

頭痛だと、群発頭痛・緊張型頭痛・偏頭痛

血圧が高いと、本態性高血圧症

激しいめまいや耳鳴りに襲われるとメニエール病

下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群

突然息苦しくなり、呼吸が早くなると過換気(過呼吸)症候群、

女性の方ですと年齢に相応する更年期障害、月経前症候群(PMS)

など女性ホルモンの変化で起きるものだというように別の疾患として診断されることが多いと言われます。

 

 

自律神経失調症とは

 

 自律神経とは自分ではコントロール出来ない神経で交感神経と副交感神経の2つがあり、体の生理機能を活発にしたり緩めたりして体の機能を維持しているのですがこのバランスが崩れると上記(頭痛、吐き気)のような不調が出現するのですが、

 

 よく例えられるのが、人間が自然の中に放り出されてライオンなどに襲われて戦闘モードに入ったとき交感神経が刺激されますと脳からホルモンが出て心拍数が上昇し血管が収縮して胃腸の消化を抑制します。すると筋肉に血流が集中して動けるようになり戦うか?逃げるか?という行動に集中できるわけです。

 

 副交感神経は緊急事態が去ったあとに体の状態を整えるのに、脳から(別の)ホルモンが分泌されて心拍数が低下して血管が弛緩してリラックスモードに入ります胃腸が動き消化・吸収機能が活発になり生理機能を通常通りに戻します。

 

 自律神経系とは社会を形成する前の時代の自然とともに生きていた時代から本能的にもった仕組みですが、自然の脅威を克服した人間が今度は人間社会に適応できないで、不自然な人間関係・食事・生活習慣でこのバランスが取れなくなったことが原因とする症状だと指摘されることが多いです。

 

 

            

 

(姿勢の変化は個人差があり効果を表すものではありません。自分もたくさんの姿勢を診てきましたが患者様の症状と症状特有の姿勢が一致することは半分もありません。)

 

 

 

 

頭痛の治療の難易度はタイプにより変わる

 

 

 写真1患者様は緊張性頭痛という最も多いタイプの頭痛で筋肉が血管を締め付けて起こるタイプの頭痛ですが、写真2の患者様の頭痛は自律神経障害を含んだ頭痛です。

 

 

         

 

 

 

 

 この2つの頭痛は改善する難易度が随分変わりますが、頭痛患者様は首の傾き、体の傾きが姿勢分析器で診てると結構な割合であることが多いです。(肉眼ではポイントを知らないと分からない傾きです)

 

 写真1のタイプならある程度の技術をもった治療院なら改善できますが、写真2の患者様の頭痛は首だけのズレを治したくらいでは改善はしません。

 

 写真2の患者様の主訴は頭痛でしたが肩こり、吐き気、循環器障害、胃腸障害、脊柱管狭窄症など多くの症状があり生理機能が半分機能していない状態でした。つまりは自律神経失調症を含んだ頭痛ということになります。

 

 

 このタイプの頭痛になると、レベルの高い治療をしている治療院でなければ改善が難しくなります。なぜなら根本原因が首だけではなく胸・腰・骨盤をを含めた全身のずれからなるものなので首の治療だけでは解決にならないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

頭痛・自律神経失調症にお悩みの方