慢性痛の改善/手術を避けたい人が選ぶ湖西市の整体・ハイテク療法。ときわバランス整骨院

ブログ

【コピー】 浜松市・豊橋市で「脊柱管狭窄症の手術」をお考えの方へ(末期)~手術を防ぐハイテク整体治療~

 

 

このページでは脊柱管狭窄症(末期)の改善方法を書いていますので、

脊柱管狭窄症(初期)の方は、そちらから読みすすめてください。

 

 

 

 

 

 

 

脊柱管狭窄症はなぜ病院で改善しないのか?

 

 

脊柱管狭窄症がなぜ病院で改善しにくいのか?  

 

治療業界の中でも様々な言い方をする先生がいます。それぞれが「理由はここ」だと主張しているのを読むと、

 

原因が腰ではない。

原因が圧迫部位だけではない。

原因が筋肉の緊張(硬化)にある。

原因が関節にずれにある

 

言い方がたくさん出来てしまうのですが、これらの言葉はすべて間違えではありません。

 

これが脊柱管狭窄症を複雑にしてゆくものだと思います。

 

 

 

 

 言い方がたくさん出来て複雑になるとはどいうこと?  

 

 

この画像は脊柱管狭窄症の患者様を治療しているとき少しの施術のミスで偶然取れたものです。

 

黄色の丸の部分は悪い個所とお考え下さい。

 

腰部の脊柱管狭窄症の圧迫部位は当然、腰になります。

 

 

 

(施術前)

 

最初に背骨のズレた部分が3か所(腰、背中、首)あるとします。

 

 

 

(施術後1)

 

腰、胸の矯正をして首の矯正が失敗。腰の痛み、シビレは解消していませんでした。

 

 

(施術後2)

 

腰、胸、首の矯正をやり直して痛みが解消

 

 

 

脊柱管狭窄症は全身病で、腰のみの圧迫を取れば症状が改善することはほとんどありません

 

 

 

 

脊柱管狭窄症は全身病

 

 

写真を見るとイメージ出来ると思いますが、

 

 関節のズレは圧迫部位だけでなく骨格全体のアライメント(並び)から来るもので、脊柱だけで25個の骨があり周辺の関節まで含めると、

 

たくさんの関節が少しずつズレていき、

 

全体として大きな姿勢の悪さになっています。

 

 

 関節はズレる

 

周辺の筋肉を緊張を誘発して、

 

 

更に遠くの関節をずらして筋肉の緊張を広げてしまい遠くの関節をずらします。

 

 

 このような連鎖状態になると腰の圧迫でも首や股関節の方のズレを一緒に取らなければ腰の部分の圧迫も取れません。

 

 写真の患者様のように、腰だけ矯正しても痛みが取れなくて首から脚の方まで全体の骨格が揃わないと痛みや諸症状は取れない状態になります

 

その結果として、いろいろな先生方が言うように

 

 

原因が腰ではない。

原因が圧迫部位だけではない。

原因が筋肉の緊張(硬化)にある。

原因が関節にずれにある

 

脊柱管狭窄症が複雑でいろいろな言い方が出来てしまうということになります。

 

 

 

 

手術が上手くいかないのは全体を診ないから

 

 

 脊柱管狭窄症の手術をするという場合には、施術前の状態で手術をすることになります。

(圧迫部位の腰の椎間板やじん帯や骨の接触部分を削ったり固定したりする)

 

 圧迫している腰の部分のズレを補修(手術、矯正)してもズレの部分の圧力はあまり変化しません。

 

また圧迫部分が少しずれるくらいで再発する可能性が大きいです

 

 

問題は全身に渡るものなのです。

 

 また、治療技術があまりない治療院にかかると施術後1のように矯正しきれない部分があると効果がありませんので

 

治らないと諦めてしまうこともありますので、他の治療を受けて効果がなかったという患者様もお試しください。

 

 

このように見ると手術で部分のみの圧迫をとることがいかに虚しいか。

 

 

改善率が2割以下と言われる脊柱管狭窄症の手術ですが、それは「木を見て森を見ず」・・全体を診ないからなのです。

 

 

 

 

 

構造性の姿勢 と 機能性の姿勢

 

 

 脊柱管狭窄症が

 

姿勢性の問題

 

関節が消失・変形している

 

ということは理解されたと思います。

 

脊柱管狭窄症を改善する過程で

 

姿勢を改善させるのですが、

 

重症の脊柱管狭窄症になると困難の度合いが増して一律に語れなくなります。

 

 

 

この困難さを理解するのに、

 

構造性の姿勢と機能性の姿勢

 

という違いについて書いていきますが、

 

これが脊柱管狭窄症の程度問題を大きくし

 

改善するのか?

 

改善しないのか?

 

分からなくさせるところであります。

 

 

 

 

 

骨格構造の変形は改善できない

 

 

 構造性の姿勢とは(写真 左)

 

 元に戻せない姿勢で円背、亀背ともいわれますが街中でキャリアを引きながら背中を山のようにして歩いているお年寄りを見たことがあると思いますが、背骨は25個の骨が積み重なって構成されていますがこの25骨の間の関節機能がすべて消失して関節が癒着を起こしています。

 

 

 機能性の姿勢とは(写真 右)

 

 元に戻せる姿勢で、治療や生活習慣で改善が可能なものになります。

 

 

 

 

 

 

構造性の姿勢は改善しにくい

 

 

 少し極端な例でしたが、この構造性の姿勢とは何がどうなっているかというと、「関節と筋肉の状態」が変性して、下の挿し絵は関節の萎縮順でありますが、脊柱管狭窄症は腰痛疾患の成れの果てと言われて、➀→②→③→④→⑤という順序で悪くなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 動きの要である関節軟骨・椎間板がなくなりかけて骨と骨の間が狭くなり神経を刺激しやすくなるのは分かると思いますが、左の患者さんの場合、

 

関節軟骨・椎間板の消失を超えて、

 

関節同士が癒着して、

 

周辺の筋肉も硬く、

 

骨がつぶれているところも(圧迫骨折)

 

あると思います。

 

 

圧迫骨折は「いつの間にか骨折」と言われ本人も気づかない内に圧迫骨折を起こしているので、さらに状態を複雑化してゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構造性の姿勢 と 機能性の姿勢の割合

 

 大切な要素がこの

 

「構造性の姿勢と機能性の姿勢の割合」

 

「筋肉の(硬化)状態」

 

がどの程度混在しているかにより

 

症状が改善するかの違いがあるのですが、

 

状態のあり方が様々で症状が重たい患者様ほど複雑になります。

 

 

 

 ほんの一例になりますが、

 

「構造性の姿勢」

 と 

「機能性の姿勢」

 

の割合が、

 

Aの患者様が9:1としますと、

 

Cの患者様は順調に回復してゆく方の比率というのは2:8くらい。

 

Bの患者様は手術の宣告を受けた方でも3:7くらい

 

あくまでも抽象的ないい方ですが、

 

関節機能が生きている比率が高い方が改善率がいい

 

ことは間違えはありません。

 

 

 

 

 

筋肉の状態

 

 

 

もうひとつ重要な要素に「筋肉の状態」が関わっています。

 

 

例えば、

 

腰痛の80%は原因が不明だと言われたり、

画像検査でヘルニアや脊柱管狭窄症が確認されても痛みがないという方が多いというのも

 

 

この筋肉の存在です。

 

 

 

 

 

硬い筋肉が血管、神経を締めつけてヘルニアの痛みを誘発していますが、

 

柔軟な筋肉はヘルニアの圧迫を吸収して、血管・神経の締めつけもなく

 

痛みを感じないものなのです。

 

筋肉の硬さは画像検査には写りませんので病院では原因は不明とされてしまいます。

 

 

 

 

 

筋肉の役割

 

 

 

筋肉は体を動かす以外に血流を養うポンプ機能という重要な働きがあります。

 

関節周辺のポンプ機能の機能が停滞すると、

 

関節軟骨や骨に栄養が届かなり

 

同時に筋肉自体が硬くなることで神経を刺激し、

 

血流を妨げる原因に変化していきます

 

 

反対に言えば

 

筋肉が機能を生かしていれば血流は循環、神経に刺激はなく、

 

関節軟骨は機能を回復するのです。

 

「関節と筋肉の状態」が同時に良好な関係になるのです。

 

 

重症患者さんほど「関節と筋肉の状態」が機能しないと改善はあり得ません。

 

 

 

 

脊柱管狭窄症の重症患者様の改善例

 

 

 

脊柱管狭窄症は末期症状になると、

 

排尿障害、筋力低下など起こして

 

活動量の低下から

 

寝たきりになる

 

という流れになりやすくなります。

 

当然、関節の状態は悪く改善しがたいところがありますが、

筋肉の状態が改善してゆけば重症でも改善してしまう事もよくあることなのです。

 

 

 下の図は脊柱管狭窄症の症状を段階的に表した図でありますが、

脊柱管狭窄症は程度問題の差が大きく重症度が高いと改善は困難になることがあります。

 

 

 

 

 

 

重症でも諦めないでください

 

 

 重症患者様が改善するパターンのひとつに、

 

生理機能の改善で

 

「筋肉の萎縮の改善」するパターン

 

で脊柱管狭窄症の重症度が高い方が改善することがあります。

 

 これは脊柱管狭窄症の末期症状では神経障害により筋肉の萎縮・胃腸、膀胱障害が起こるのですが、治療により神経障害が解放されると、生理機能が活性化して内臓が活発になり、筋肉が柔らかくなり増強してゆきます。

 

 下の患者様は、腰の関節軟骨が全て消失していて大がかりな手術を勧められて、脊柱管狭窄症の重症型で筋肉の萎縮と胃腸、膀胱障害を起こしていた患者様ですが。

 

改善してゆく画像を見ると、

 

左、お腹ポッコリ。

 

中、お腹の膨張が取れる。

 

右、筋力の回復、筋硬化の改善

 

 

体形もこれだけ変化します


 

画像からは分かりませんが、筋肉の柔軟性が改善しています。

 

そのため神経障害がなくなり筋力増強してゆくことは確認できます。

 

これは筋肉の性質が硬い状態から柔らかい状態に変化して神経の圧迫がなくなり、筋肉が収縮作用(ポンプ作用)を取り戻して関節機能を改善させていった結果なのですが、この脊柱管狭窄症(末期)の患者様は改善に時間が掛かっています。

 

3枚の写真の左と右の写真は2~3カ月くらい離れていますから重症患者様ほど根気がいる治療になると言えます。

 

 

 

 

 

 

 

一般的な危険信号のサイン

「構造性の姿勢と機能性の姿勢の割合」

「筋肉の(硬化)状態」

 

が改善率の決め手になりやすいと言いましたが

 

 

 

この段階の脊柱管狭窄症は複雑で確たる定義というは聞いたことがありませんが、

 

改善が難しくなると感じている一定の基準というのを説明します。

 

 

 

本来、正しい姿勢というものがあり関節と筋肉に負担のかからない姿勢というのがあります。

 

 

● 後ろに反った姿勢。

 

● 正しい姿勢を取るとバランスが取れない。

 

 

このような兆候がある患者様は改善率があまり良くないというのが実感としてあります。

 

 

 

 

脊柱管狭窄症は神経の圧迫を避けるため本来は前かがみ姿勢になるのですが、後ろに反った姿勢になっています。

 

これは関節軟骨が消失して、軽い圧迫骨折も起こしているかもしれません。骨の形が姿勢の悪さで変形しています。

 

 

【写真の患者様も、最初は前かがみ姿勢が楽な姿勢から、今度は後かがみ姿勢が楽になり、また症状(尿漏れ、歩行障害)が出てきた】

 

 

 前かがみ姿勢でもきつくなり、

 

今度は後ろかがみ姿勢でも痛み、シビレが

 

出てくるようになったということですが

 

このような姿勢の変化を経過した患者様

 

 

関節軟骨が消失、

 

変形を繰り返してきている

 

筋肉が再生できない硬化

 

可能性が高いので完治はあり得ないというのが実感です。

 

 

 改善の状態も差はありますが、良好とはいかない事もあります。

 

 

 

メンテナンス治療の重要性

 

 

 本来は予防医学として治療をした方がいいので。

 

どの段階でもメンテナンスとして治療をしていただきたいのですが、

 

脊柱管狭窄症(中等度~末期)というのはその重要性が高いと言えます。

 

 

 

 

2段階の脊柱管狭窄症は腰痛疾患の成れの果てと言われて、

 

 

関節機能がほぼ消滅しています。

 

そのうえ、癒着して筋肉が繊維化しているとなると、

 

もはや再生の余地がない可能性があります。

 

 

 

加齢ともに重症化

 

 

この段階の脊柱管狭窄症に関係する方の多くは60歳以上の方が多いのではないかと思います。

 

そろそろ加齢により構造性の姿勢が少しずつ始まる年齢になるときに、

 

下記の条件をいくつかあれば予後は要注意です。

 

定期的な施術が必要な方

 

 

●重い症状に長い間悩まれたか方

●薬が必要なくらいの症状が改善した方

●生活習慣の改善が困難な方

●変形性関節症(脊柱、股、膝)が進んでいる方

●姿勢の維持が困難な方(運動不足、加齢による筋力不足)

●からだが硬い方(運動不足、加齢による筋硬化)

●猫背・骨盤のゆがみがある方

●若い頃より身長が縮んだ方

●手足が動かしにくいと感じる方

●最近、疲れやすい歩きにくくなった

 

年齢が60~70以上の方

(年齢は関係がなく、上記の条件を複数持った方が対象です)

 

 

 

 「左右ゆがみ」と「前後ゆがみ」

 

 

 の姿勢画像に「左右ゆがみ」と「前後ゆがみ」とありますが、

 

    

 

 脊柱管狭窄症(初期)・ヘルニアのページにも書いてあることなので、そちらから読むと分かりやすいと思います。

 

「左右ゆがみ」の方が

 

神経障害に影響を与えやすく

 

残してはいけないゆがみです。

 

長年の積み重ねで「左右のゆがみ」は作られますが、

 

ヘルニア、ギックリ腰、交通事故のムチウチ

 

などで一過性の外傷で進行することもあります。

 

 

本来はズレたとき、

 

すぐに修正する方がいいのですが、

 

脊柱管狭窄症(末期)の段階で

 

「左右のゆがみ」があると危険信号であります。

 

 

このことは、ヘルニア・脊柱管狭窄症(初期)のページにも同じようなことが書いてありますので、(当てはまると感じた方はそこも読んでおくと分かりやすいです。)その段階で改善しておかないいけないません。

 

 

 脊柱管狭窄症とは腰痛疾患の成れの果てと言われており、 

 

この「左右のゆがみ」を抱えた状態で脊柱管狭窄症になりますと

 

神経障害の度合いは大きいことがあり歩行が困難になったり、

 

排せつ障害、胃腸障害の原因になりえます。

 

 

加齢ともに重症化

 

この段階の脊柱管狭窄症に関係する方の多くは60歳以上の方が多いのではないかと思います。

 

そろそろ加齢により構造性の姿勢が少しずつ始まる年齢になるときに、

 

下記の条件をいくつかあれば予後は要注意です。

 

 

定期的な施術が必要な方

 

●重い症状に長い間悩まれたか方

●薬が必要なくらいの症状が改善した方

●生活習慣の改善が困難な方

●変形性関節症(脊柱、股、膝)が進んでいる方

●姿勢の維持が困難な方(運動不足、加齢による筋力不足)

●からだが硬い方(運動不足、加齢による筋硬化)

●猫背・骨盤のゆがみがある方

●若い頃より身長が縮んだ方

●手足が動かしにくいと感じる方

●最近、疲れやすい歩きにくくなった

 

年齢が60~70以上の方

(年齢は関係がなく、上記の条件を複数持った方が対象です)

 

 

 

 

 

 

 

構造性の姿勢

+

左右のゆがみ=機能障害 

 

 

 

 

治療する意義というのは、

 

健康寿命を伸ばすことが一つにあるといえますが、

 

大事な条件になるのが

 

神経伝達・血流が身体中に行き渡ることです。

 

それには「骨格は体のフレーム(枠)」である骨格を正しい位置に安定させることです。

 

人間加齢現象は避けられません。

 

やがて関節の機能が衰える(構造性の姿勢)とき、

 

「左右のゆがみ」があるとかなりきつい状態になり

 

以前は改善したものが改善できなくなることがよくあります。

 

 

重症の脊柱管狭窄症で、「左右のゆがみ」大きいのは危険で

 

前の段階の「脊柱管狭窄症(初期)、ヘルニア」の間に改善しておくことが大事です。

                       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜松市、豊橋市、湖西市で脊柱管狭窄症でお悩みの方はときわバランス整体院へ